[Blog] パウダーコントロールストッカー を使ってみた

こんにちわ、 珈琲と銘打っているのにほとんど自転車の話題になっている田山珈琲ブログです(^^;

ということで今回は珈琲器具、しかもニッチな器具を使ってみましたので、レビューと併せてご紹介します。

タイトルにもある通り、パウダーコントロールストッカーになります。

珈琲を粉にするときに出る微粉を取り除く金属フィルターがストッカー内にあり、珈琲粉の粒度をある程度均す為に使用する器具、という普通では使わないマニアックな器具でございます。

先に店主の結論から申し上げると、

使いどころが限定されるが、買ってよかった!

という代物です。
特に直火焙煎の豆を購入される方には、特にお勧めします!

と言うことで早速レビューしてみましょう!

商品紹介

商品名は「サザ パウダーコントロールストッカー」で、このサザとは、茨城県で名の知れた珈琲屋 サザコーヒー であります。

商品の中身は 細かい、普通、粗い の3フィルター が同梱されており、普通にコーヒー豆ストッカーと同じ大きさになります。

[検証] 使ってみた

今回の検証では、2種類の豆で検証してみました。焙煎方式と煎り具合の違いで差が出るかどうか。

  • 直火焙煎の深煎り(シティロースト)で活動でも定番のモカブレンド。
  • 半熱風焙煎の浅煎り(ミディアムロースト)のエチオピア

フィルターは標準(3つのうちの中くらい)を使用しました。

では早速、ミルにかけた珈琲粉をフィルターにぼさっと入れて、ふたをしてシェイクシェイク!

中で微粉がたまって、フィルター上にはほぼ均一になった珈琲粉が残ります。

右側の赤いストッカー内に微粉が溜まりました。左側のフィルター内の珈琲粉をドリップに使います。

微粉はフィルター外側にも結構付着したままになるので、ペーパーに投入する前にある程度落としてからから投入します。
ミルからペーパーへ投入するまで、この一手間を加えるだけ。それ以外はペーパードリップと何ら変わりません。

[検証] ドリップしてみた

直火焙煎 深煎り

いつもお世話になっている ブラウンチップ のモカブレンド ブラウンチップ(シティ)ローストで試しました。

1か月ほどエイジングが進んだ状態なので、自分の感覚では「もう酸化が進んでいていそろそろ処分しないとなー」というレベルです。
今回紹介しているフィルター未使用の場合はそれなりに雑味がある代わりにコクがあります。

このフィルターを使用して微粉を取り除くと、味がはっきりとしてブレがない、コクは軽くなるがさっぱりして雑味がない味わいになりました。

半熱風焙煎 浅煎り

こちらはお気に入りの店舗、国分寺にある Life Size Cribe のエチオピアで試しました。
焙煎後3週間ほど経過した状態から試しました。不思議と直火系以外はエイジングの進み方が緩やかに感じていますので「この豆はまだまだ普通に飲めるなー」という感覚です。

フィルター未使用:エチオピアらしいはっきりとした酸味、もともと雑味が少ないので、3週間程度のエイジングでは味わいが落ちた感じは少ないです。

フィルター使用:フィルターにかけた後の微粉が直火の豆より少ない。味が未使用のものよりはっきりしたが、未使用との差は、直火の豆よりはっきりとは感じられなかった。

[結果] 使いどころ

ということで店主個人で検証した結果、この状態の豆で使うこととしました。

  • 直火焙煎の豆
  • 深煎り (シティロースト以上に深煎りの豆)
  • エイジングが進んだ豆
  • コクがある豆

    これらの条件の1つまたは複数に当てはまる豆に使用することとしました。

結局、これを使う人はどんな人?

主に直火焙煎を好むけど、いつもよりさっぱりとした味にしたいときに。また、エイジング・酸化が進んでしまったための豆を、ある程度おいしく飲みたいとき。

そんなときに使う感じでしょうか。

除去した微粉の使い道は?

微粉なのでとても酸化が早い!食べるにしてもすぐに使う状況であれば使えるのでは?と考えています。
例えば、クリームが使われている洋菓子にかけたり?アイス、ソフトクリームにかけたり?カフェラテにかけたり?
んー、まだ試していないので、何とも(^^;

自分がすぐに試せたのが、芳香脱臭剤、蚊取り線香替わり、くらいでしょうか。
蚊取り線香替わりは、だいぶ香しいかほりを発しますので、室内で使うのはおすすめできません(^^;

今回の締めっ!

ということで、検証してみました「パウダーコントロールストッカー」。個人的にはこのような結果となりました。
個人の検証・意見なので、すでに使っている・これから使うそれぞれの方に「へー、こんな風に感じたのかー」と生暖かく結果を見ていただければ幸いです。

こんな感じで珈琲に関することもblogに書きますよ?(^^;

ということで今回はここまで!
それではよいコーヒーライフを~ (^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください