[Blog]湘南コーヒータイム Vol.4

こんにちわ、田山珈琲です。
だんだんと春めいてまいりましたね。自転車に乗るのも、ウィンドブレーカーいらないくらいになってきました (^^♪
そんな中、2月下旬に1年ぶりに開催されました珈琲イベント「湘南コーヒータイム」 Vol.4 へ行ってきました。

今日はそのイベントの様子をレポートします。

「湘南コーヒータイム」とは?

日本全国から名店が集うイベントで、湘南・藤沢付近のお店を中心に名店がそろっております。

店舗リストを見ると、今回は以前よりは関東近郊に集中しているように見受けられました。1年ぶりのブランクと準備で募集や告知が間に合わなかったのかな?なーんて、運営側をおもんぱかってみたり(^^;

1,000円で5枚シールを購入し、シール1枚で1杯の試飲サイズカップの珈琲ををいただけるシステムになっておりますので、多種多様な珈琲が楽しめます。

東京コーヒーフェスよりは過ごしやすいイベントで、イベント用物販も特にありませんが、おいしいコーヒーとともにゆっくりとした時間を過ごせるところが好きなイベントです。

今回も特徴あるお店が並んでいたなか、気になったお店、特に焙煎に関する点をピックアップしてレポートします。

LANDMADE

神戸のポートアイランドからの出店。興味を持ったのは何よりも試飲が2カップで1シール、というサービス精神にひかれて、最初の試飲をいただきました。
同じ豆のエチオピアで浅煎りと深煎り<小さいフライヤーから>

Web:https://www.landmade-kobe.com/

Bnei Coffee

阿佐ヶ谷のスターロードにあり、以前焙煎屋でお世話になった方が独立したカフェです。
最近はネルドリップで丁寧に淹れるスタイルに専念されて、このイベントの試飲の珈琲もその場でネルドリップされていました。

久々にお会いして、試飲珈琲をいただきました。珈琲も変わりなくおいしかった。物販では珍しいカスカラ ゲット!

カスカラとは?

コーヒーチェリーティー(英語: Coffee cherry tea)はコーヒーノキの実(コーヒーチェリーまたはコーヒーベリーと呼ばれる。)で作られたハーブティー。スペイン語で「籾」を意味するcáscaraに由来するカスカラという名称でも知られる。強力な植物由来の瀉下薬であるカスカラサグラダ(英語版)ティーとは異なる。

出典:Wikipedia コーヒーチェリーティー

Web:https://www.bneicoffee.net/

鈴鵠(すずくぐい)

お見掛けしたときは、まだ開店前のカフェ。なんでもエスプレッソマシーンの入荷が遅れているとかで開店日がずれてしまったそうです。
豆の焙煎は金沢の焙煎所から入荷しているようで、焙煎所の名前を失念してしまいました(^^;
鵠沼海岸の古民家をリフォームしているので、雰囲気がすごく良さそうなのと、カフェラテアートの競技会で上位に入っている方なので、それも相まって人気が高そうです。
この日はドリップで試飲コーヒーを提供されていました。

Web:https://www.instagram.com/suzukugui/

Cafe sucre

普段もカフェインレスコーヒーを購入しに行っております、カフェシュクレ。

今回のイベント用として台湾のハニープロセスの珈琲を提供しておりました。
この週の前の週に実は、ハンドドリップセミナーを開催しておりまして、それに参加しに行ったこともあり、この日もドリッパー談義になりました。
なんといってもハンドドリップの日本チャンプですから、いつも最高のドリップをするためのナレッジを豊富にお持ちです(^^♪

Web:https://cafe-sucre.com/

カフエマメヒコ

最後に、写真を撮り忘れてしまいましたが、三軒茶屋にあるカフェ。
焙煎豆が気になってお話ししたところ、気になった点が2つ!

1つ目は、なんと札幌の焙煎所 菊地珈琲から卸している!北海道以外ではここが初めて!!だそうです。
2つ目は、2度焙煎!?という焙煎方式!浅煎りの豆のみのようですが、詳しく知りたくなりました!

Web:http://mamehico.com/

いかがでしたか?
珈琲1つとっても、いろいろなカフェにいろいろなカラーがありますよね?

このイベントで得た情報を元に、また自転車で旅に出たくなりました!^^;

それでは、良いコーヒーライフをっ!

田山珈琲 店主

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください